FC2ブログ

跡地。

ほぼ更新停止です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶゲームのクリア感想が続く中、今回はゲームソフトの紹介。

PSソフト「ゼノギアス」
開発、発売元はスクウェア(現スクウェア・エニックス)から。ちなみにディスクは2枚組み。
スクウェアと言えば勿論FFこと「ファイナルファンタジー」シリーズは有名の中の有名。
他に「クロノ・トリガー」や「聖剣伝説」あたりも馴染み深いと思います。
任天堂と共同開発した「スーパーマリオRPG」も知っている人は知っていますよね。
ちなみにFFⅦとほぼ同時期に開発スタートされたためか
「裏FFⅦ」とも呼ばれいるそうです。

ゲーム内容を簡単に説明すると
大怪我で昔の記憶が無くなった主人公がのんびり村に暮らしていたところ、
色々あって突然「ギア」と言うロボットに乗り、
仲間に出会って、記憶を取り戻して行くと言う内容。

RPGにはよくある「お約束パターン」っぽいですが、大雑把に言っただけで、
本当は説明しきれないほどの膨大な伏線、序盤から大量の伏線の数々。
けれども、投げっぱなしはほとんど無い、そんなシナリオが本作品の魅力です。
専門用語も大目ですが、時期に分かってくるものなのでお気になさらず。
そもそもギアはロボットじゃなくて、人型戦闘兵器なのですが、
その辺は分かりやすくということで(◜◡^)

(この先文章が長いため、続きは追記からお願いします。)

戦闘システムは二種類ありまして、
キャラクターが生身で戦う戦闘とギアに乗っての戦闘があります。
後半はギア戦闘しか無くなってしまうのですが!残念!
ドット絵は敵味方問わず緻密。かなり動きます。
それ以外にもアニメやキャラクターボイスも!

ゲームにとって大切ななBGMも良い曲揃い。
盛り上がったり、ノリがよかったり、切なかったり、心に染みたり。
イベントシーンの盛り上がりは熱い!

と言っても問題点もあるわけですね。
中盤にあるダンジョン「バベルタワー」が屈指の難しさと言われ、
一部のキャラの強弱バランスも大きいという評価。
エンカウントに関しても、ジャンプをしたときに発生した場合、
戦闘終了後、そのまま高所から落下と言う惨劇。恐ろしいですねー。
Disc2から、容量不足、開発期間等々の問題で、ほぼ文章を読み進めていくだけ、
自分で操作することは激減。重要なシーン以外はあっさり終了。
始めのほうに評価したシナリオも、後半は難解な内容になっていきます。
それによって2週目がやりたくなってくるのですが!

グロテスクなシーンやウワアアアと思うシーンもあったり、ありますね。
屈指のトラウマと言われるほどのソイレントシステムはゼノギアスの代名詞。

なんだかんだ言っていますが、自分は好きなゲームです。
特に中盤からの展開に熱中しました。スクウェアさん侮れませんねーヽ(^。^)丿


知るきっかけとなった実況動画様をドーーーーーーーン ☝(◠‿◠)☝
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://7haruru.blog97.fc2.com/tb.php/487-4da1c12f

ハルル

Author:ハルル
こんにちは。

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。