FC2ブログ

跡地。

ほぼ更新停止です。

ファミリー向けのゲームが多いと思われる任天堂ですが
ゲームによっては時にブラックジョークや毒のある発言や
狂気や恐怖を演出がありながらも不必要な残虐表現や
描写はほとんど見られないことでも有名だったりしますよね。

例として、ゼルダの伝説のムジュラの仮面やトワイライトプリンセスはホラー演出があったり
ピクミンは設定そのものがそうだったり、 MOTHER2のムーンサイド、3の悲劇的要素。
ポケモンの図鑑の説明文やシオンタウン、一部のストーリーが重いものだったり等…
まだまだあるのですが、きりが無いのとやったことのないものもあるので(´・∀・`)
そもそも、任天堂自体がそのゲームを作って販売ではなく、
他の会社が開発して、任天堂が販売したケースが多いわけですが!

その中でもあのSFCの名作「スーパードンキーコング」等のドンキーシリーズの
開発元レア社が作ったN64ソフト「Conker's Bad Fur Day」。
キャラの見た目とは一変してゲーム内容は
「下品・不潔・残酷なネタと汚らしい言葉遣い、ブラックジョークのオンパレード」と言った
問題作とまで言われたもので。更に終わりはバッドエンドと言う!
そこまで酷いなら「見たい!」衝動に駆られてプレイ動画を見ました。

外国のほうのみに販売されていたゲームです。
日本国内でも発売する予定はあったそうですが、中止に終わったそうで(´Д`)
そのためゲーム中の台詞は全て読めないのですが、
動画内のコメントで翻訳してある会話文や優しい解説があるので問題ありません!
あとはウィキペディアで大体どんな物語なのかも確認できますし。

興味があれば是非とも途中でやめないで最後まで見て欲しいゲームです。

少々長くなったので追記でネタバレ無しの感想。

で、肝心のエンディングまで見た感想なのですが。
本当に評価のとおりとんでもないゲームでした。いやもう本当にとんでもないゲームでした。
物語前半は衝撃的なものばかりだったのにも関わらず、
物語後半のほうではいい話になったりパロディ満載だったり。
世界観に引き込まれて、どんどん好きになってしまいましたよ!!
主人公コンカーのありえない攻撃方法、メタや外道発言が飛び出したり。だがそれがいい。
ラストは何ともいえないバッドエンド。
まさか序盤があれだったのにも、こういったバッドエンドに辿りつくとはと思いました。

長々と書きながらまとめて言うと「良いゲー」でした。
同時に日本では発売できなかったと納得いくものでしたが!
流石レア社と言うものでしたね!

ちなみに日本国内で発売していないといいつつも、Xbox360のソフトで
リメイクされて発売しているのが現状だったりしますがw
此方はもちろん翻訳されています。

キャラはコンカーや他のキャラも良いのですが、
個人的にゲームの最後のほうに出てくるロデントが凄く好きになりました_(:3」∠)_

大体洋ゲーには触れないというか触れることが少なかったのですが
今回とても良い刺激になりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://7haruru.blog97.fc2.com/tb.php/438-cad2bc5a

ハルル

Author:ハルル
こんにちは。

QRコード